【2019年最新版】マンションのフロアコーティングおすすめ業者紹介

おすすめのフロアコーティング業者3選

                                               
グッドライフ

詳しく見てみる

ハートフルコート

詳しく見てみる

HITOWA
ライフパートナー

詳しく見てみる

顧客満足度
ランキングNO.1
とにかく安く
済ませたい
在宅中
コーティングしたい
品質が大事!
高耐久・長期保証
最大35年
WEB特典アリ
同行見積無料
内観会同行
ハウス
クリーニング
会社が運営
【2019年最新版】マンションのフロアコーティングおすすめ業者紹介 » フロアコーティングQ&A » 建設業許可証取得している業者の特徴は?

建設業許可証取得している業者の特徴は?

更新日:


- 更新日:

ここでは建設業許可の取得をしているフロアコーティング会社の特徴について説明しています。

建設業許可証の意味

建設業者が建設工事の完成を請け負う営業をするためには建設業法第3条に基づき建設業の許可を受けなければなりません。ただしフロアコーティング業者のように軽微な工事のみを請け負う場合には建設業許可を受けなくても問題ありません。

建設業許可証明書とは建設業許可を受けていることを第三者に対して証明するための書類のことです。必ずしも取らなくてよい建設業許可を取得するのは業務を行う上で様々なメリットがあるからです。

フロアコーティング業でのメリット

建設業の許可を取得する最大のメリットは社会的信用が向上することです。国から許可を得るためには最低限の要件をクリアしなければいけません。つまり建設業許可を取得している会社は一定レベル以上であることが明らかだというわけです。

金融機関からの借り入れもしやすくなりますし発注者も安心して工事を任せられますから大きな仕事を受注できる可能性が高くなります。建設業の許可はフロアコーティング業においてもプラスになります。

品質が良いことやずさんな施工を行わないことの証明になるからです。ただし国が定めている要件をクリアするのは簡単ではないためフロアコーティング業で許可を取得している会社はまだ多くはありません。

建設業許可取得のための要件とは

建設業許可を取得するためには以下の5つの要件をクリアする必要があります。

  1. 経営業務の管理責任者を有すること
  2. 営業所ごとに置く専任技術者を有すること
  3. 誠実性を有すること
  4. 財産的基礎または金銭的信用を有すること
  5. 欠格要件に該当しないこと

これらの項目を読むだけでも許可を取得するのは容易ではないことがわかりますが、経営業務管理責任者は5年以上の経験が必要、専任技術者についても10年以上の実務経験が求められるなど申請すれば通るというものではありません。

財務体質も含め会社組織がしっかりしていることは大前提で、申請には建設業法に沿った膨大な書類を作成し適正な工事を請負、施工していなければなりません。

オススメのフロアコーティング
業者を今すぐ確認

おすすめのフロアコーティング業者3選

グッドライフ

詳細は
こちら

ハート
フルコート

詳細は
こちら

HITOWA
ライフパートナー

詳細は
こちら

顧客満足度
ランキング
NO.1
とにかく安く
済ませたい
在宅中
コーティング
したい
品質が大事!
高耐久・長期保証
最大35年
WEB特典アリ
同行見積無料
内観会同行
ハウス
クリーニング
会社が運営
フロアコーティングの施工事例
フロアコーティングの優良業者の選び方