【2019年最新版】マンションのフロアコーティングおすすめ業者紹介

おすすめのフロアコーティング業者3選

               
グッドライフ

公式HP

ハートフルコート

公式HP

HITOWA
ライフパートナー

公式HP

顧客満足度
ランキングNO.1
とにかく安く
済ませたい
在宅中
コーティングしたい
品質が大事!
高耐久・長期保証
最大35年
WEB特典アリ
同行見積無料
内観会同行
ハウス
クリーニング
会社が運営
【2019年最新版】マンションのフロアコーティングおすすめ業者紹介 » マンションのフロアコーティングで知っておくべきポイント » マンションオプションと専門業者の違い

マンションオプションと専門業者の違い

更新日:


- 更新日:

マンション(インテリア)オプションと専門業者の違い

フロアコーティングを業者に依頼する場合、新築マンションのオプション工事として下請け会社が行うマンション(インテリア)オプションを利用する方法と専門業者に直接頼む方法の2つが考えられます。

後になってこんなはずではなかったと思わないためには両者の違いをよく理解して、一番信頼できる先に依頼することが重要です。

インテリアオプションの場合

フロアコーティングをインテリアオプションで行う場合、専門業者と比較して一番の違いはオプション工事を販売している元請け会社の管理下で施工されるという点です。

これにより何が起きやすくなるかと言うと、仕上りよりも納期が優先されます。施工するのは下請け業者ですから、そもそも住人の方に目が向くことはなく、元請け業者の言うなりになりスピード重視で進められることになります。

フロアコーティングを何回も経験している人は少ないのでわかりにくいかもしれませんが、納期優先のフロアコーティングは品質が悪く、専門業者が施工した場合と比べて明らかに仕上りがよくありません。

またオプションの場合は販売会社に任せきりになり、施工前にショールームに行ったりサンプルを確認することもありません。したがってコーティングとはどういうものなのか、どんな仕上りになるか理解しないまま施工されることになります。

さらに営業を行う販売会社や不動産会社はコーティングに関する十分な知識を持っていないこともあり、そこで間違った情報が伝えられるとフロアコーティングを誤解したまま依頼する危険があります。

では価格面ではどうでしょうか。マンション(インテリア)オプションだと新築マンション工事の延長のようなイメージになるため安くなると考えがちですが、逆に高額な費用がかかってしまうケースが多くなります。

なぜなら施工する下請け業者の価格に元請け業者の利益がプラスされるからです。そこに不動産会社が絡むなど関わる会社が多くなればなるほど費用は高くなっていきます。

金額相場:13万円~20万円

もちろんフロアコーティングにも種類があって中には高額なものもあります。それには仕上り、コーティングの持ちなどに違いがあって理由がはっきりしています。

これを専門業者ではなくマンションオプションに依頼してしまうと、低品質なのに高額な料金を請求されるということになるのです。

専門業者の場合

フロアコーティングを専門業者に依頼した場合はマンション(インテリア)オプションの場合と全く逆のことが起きます。つまり納期より仕上り重視で施工作業が進められるということです。

長年フロアコーティングを専門にしているので経験や知識の豊富さはもちろん施工技術も高いと考えてよいでしょう。インテリアオプションと同じ納期だとしても技術力の違いから仕上りは格段に専門業者の方が上です。

フロアコーティングの依頼主としてショールームを訪れて説明を受けたり、サンプルを見てコーティングのタイプ別に仕上り具合の違いも確認することもできます。相手はフロアコーティングのプロですからわからない点は丁寧に説明してもらえます。

価格に関しては施工で間に業者を挟むことがありませんから中間マージンが発生することがなく適正価格でフロアコーティングができます。高いプランでもあらかじめ仕上り状態を確認しているため納得のいく結果が得られます。

自社・他社施工の違い

専門業者にフロアコーティングを依頼する際に注意すべき点は、その業者が自社施工か他社施工かということです。他社施工というのは下請け業者を使ってフロアコーティングを行っているということです。

つまり他社施工の場合はインテリアオプションの時と同じことが起きます。実際に施工作業をする下請け業者のスタッフがアルバイトを使っていたとしてもわからないですし、技術力が低いケースが多くなります。

また他社施工の場合は中間マージンが発生しますから施工費用も高めになります。自社施工の場合は仲介業者を経由しないので金額相場は9万円~17万円程度ですが、他社施工ではインテリアオプションと同様に13万円~20万円くらいになります。

さらに他社施工ではアフターフォローにも影響が出てくることが考えられます。保証内容も悪くなりますし、施工後数年経って補修の必要が生じた場合も業者がすぐに対応できずに作業が遅れてしまうこともあります。

まとめ

マンションオプションと専門業者の違いについては、知っている場合と知らない場合ではフロアコーティングの内容に大きな差が出るので注意が必要です。これまで説明した通り選択すべきは専門業者+自社施工です。

こうして整理して冷静に考えればよくわかりますが、新築マンション購入の流れの中で気がつかずに進んでしまうこともあります。しかしフロアコーティングをどこに依頼するかは自分で選択できるということをよく理解すべきです。

フロアコーティングは気軽に何回もできるものではありません。金額的にも安い買い物ではないということもありますが、一度住み始めてから行おうと思っても物理的な面で簡単にはできなくなってしまうからです。

だからこそフロアコーティングの失敗はできるだけ避けなければなりません。自社施工の専門業者にお願いをした方が品質が良く価格も安いということをよく頭に叩き込んで慎重に業者選びをすることをおすすめします。

オススメのフロアコーティング
業者を今すぐ確認

おすすめのフロアコーティング業者3選

グッドライフ

詳細は
こちら

ハート
フルコート

詳細は
こちら

HITOWA
ライフパートナー

詳細は
こちら

顧客満足度
ランキング
NO.1
とにかく安く
済ませたい
在宅中
コーティング
したい
品質が大事!
高耐久・長期保証
最大35年
WEB特典アリ
同行見積無料
内観会同行
ハウス
クリーニング
会社が運営
フロアコーティングの施工事例
フロアコーティングの優良業者の選び方